2022年度厚生労働省「保険局」予算概算要求案の主な内容

2022年度厚生労働省「保険局」予算概算要求案の主な内容

厚生労働省の2022年度予算概算要求案が831日、財務省に提出されたが、そのうち「保険局」の主な要求内容が明らかになった。

保険局予算案の柱は、①地域包括ケアシステムの構築等に向けた安心で質の高い医療・介護サービスの提供、②健康で安全な生活の確保、③地域共生社会の実現に向けた地域づくりと暮らしの安全確保、④東日本大震災や熊本地震をはじめとした災害からの復旧・復興への支援―の4本となっている。

これらのうち、①の安心で質の高い医療等サービスの提供では、各医療保険制度などに関する医療費国庫負担を2021年度予算では101788億円(2021年度予算では、98533億円)、 国民健康保険への財政支援3104億円(同3104億円)、被用者保険への財政支援825億円(820億円)―などを要求している。

◆ICTの利活用を促進

また、②でデータ利活用では、医療等分野におけるICTの利活用の促進等として、医療保険分野における番号制度の利活用推進やする改革工程表」に基づき、令和6年度の次期更改に向け、システム整備の支援などを行うほか、整合的かつ効率的な審査支払機能の運用に向けたシステム整備の支援も実施する計画だ。

◆健康寿命の延伸に向けた歯科口腔保健の推進等も

一方、③の健康増進対策や予防・健康管理の推進では、健康寿命の延伸に向けた歯科口腔保健の推進等を行うほか、レセプト・健診情報等の分析に基づいた保健事業等の推進、保険者協議会における保健事業の効果的な実施への支援、糖尿病性腎症患者等の重症化予防の取組への支援などを実施する予定だ。