広報部 Topix

機関紙「東京歯科保険医新聞」のWeb版で読みたい!!

申し訳ありません。現時点では機関紙のWeb版のホームページ公開は行っておりません。それは、機関紙は内容の多くが会員向けで編集され、発行しているためです。会員以外の送付先は、協会に理解を示していただいている関連団体などとなっております。ただ、時代的な要請など、協会創設、機関紙発行開始当時とは状況が変化しており、Web版公開は、今後の課題といえます。

メディア懇談会に参加したい!!

現在、メディア懇談会は、参加各メディアからの質問や発言に対し、協会役員が回答、対応する形となっており、研究会や講習会のように、一般会員が参加する形をとっておりません。メディア懇談会は、一般紙や歯科関連専門誌ほか各種メディアに向けた協会の意見や主張、活動内容などの情報発信の場となっております。また、報道されていない情報をメディアから紹介いただいたり、メディア側参加者の間でのやりとりなどもあり、記者会見等とは「一味違う」交流の場ともなっております。

通信員になりたい!!

通信員は機関誌の内容に関するアンケートと意見、および協会への「声なき声」を把握し、くみ上げ、今後の協会活動に役立てることを目的に、2007年6月にスタートしました。当初はアンケートのみのやり取りでしたが、診療報酬改定、歯科を巡る情勢などを中心に、機関紙へのお原稿寄稿をお願いするまでに至っております。定数が50名のため、現在は空席がありませんが、今後の運営は1つの課題です。