「保険で安心してきちんとした診療ができるようにしよう」

2018年診療報酬改定対策 グループ生命保険 加入者特典 デンタルブック

歯科訪問診療などの重要ポイントを説明/在宅医療中心の第3回新点数説明会を開催

2018年 4月 23日 : Featured, 協会ニュース, 地域医療部

 

歯科訪問診療などの重要ポイントを説明/在宅医療中心の第3回新点数説明会を開催

協会は本日4月23日、なかのゼロ大ホールで在宅医療の内容に限定しての第3回新点数説明会を開催した。会員とそのスタッフの参加者は719名であった。前回および前々回改定時のこの説明会の参加者は2016年改定時は約700名、14年改定時は約600名であり、改定の度に参加者数は増加をたどっており、歯科訪問診療や介護報酬に対する会員の関心の高まりがうかがえる。

坪田有史会長

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭で挨拶に立った協会の坪田有史会長は、今次改定の中で地域包括ケアシステムが大きな位置を占め、その柱となっているのが在宅医療であり、歯科訪問診療料の見直しに関して留意すべき8項目として、①20分未満が厚くなった、②訪補助の拡大、③歯援診はハードルが高くなった、④訪衛指も同一建物と単一建物の概念が入るなど大きく変わった、⑤歯在管、⑥在宅等療養患者専門的口腔衛生処置、⑦訪問口腔リハビリテーション指導管理料、⑧小児在宅患者訪問口腔リハビリテーション指導管理料―を指摘した。

◆馬場副会長講演内容

続く講演では、馬場安彦副会長が今次診療報酬改定は2025年問題、さらに2035年問題を見据えた改定であり、歯科訪問診療が大きく重視されていることを強調。その改定内容は多岐に渡っているため注意が必要と指摘した。その上で、歯科訪問診療料、訪問歯科衛生指導料、歯科疾患在宅療養管理料、口腔機能発達不全症や口腔機能低下症、それに関わる検査など丁寧に解説、「各先生、各診療所にあった形を作っていくことが大事」とした。また、歯科訪問診療料は、これまでエンジンなどの切削器具を携行していた場合に算定していた急性対応加算が歯科訪問診療料に包括され、切削器具の携行が必須になったことを説明。さらに、歯在管と居宅療養管理指導費についても重要ポイントを解説した。

◆橋本理事講演内容

続いて橋本健一理事が、施設基準の届出と介護保険の改定の要点を解説した。施設基準の届出では、歯援診、か強診は要件が変更されたが、2018年3月31日までに届出を行った医療機関では、2020年3月31日まではそれぞれ歯援診Ⅱ、か強診の要件を満たしていると見なされるため、慌てて届出をする必要はないことを強調した。介護保険については、地域包括ケアシステムの構築を推進する観点から、医療と介護の情報連携が強化された点に触れた。また口腔衛生管理の充実が図られた点に着目し、歯科の役割が重視されていると述べた。居宅療養管理指導費では、訪問歯科衛生指導料と同じように、人数の考え方が、同一日の同一建物人数から同一月の同一建物人数へと、日単位から月単位の考え方に変わった点に言及。これは従来とはまったく異なる考え方であり、混乱しやすい部分であると注意を呼びかけた。

◆横山理事は2症例を解説

山靖弘理事は、訪問診療の二症例を解説した。今次改定で変更されたポイントを中心に、カルテ記載の注意点なども説明した。

馬場安彦副会長

横山靖弘理事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しく読む

How to Report Data Breaches Under Extra Laws

2018年 4月 21日 : 協会ニュース

Upcoming data tutelage regulation GDPR means a breach of the very private records breach in the once the manner in imitation in the same way as way. According to the law, the breach of data safety which may lead to some accidental records destruction, misplacement, change, illegitimate data syndication, sharing of non-public information, her unauthorized safe-keeping or extra ways of government the data are all considered to be data breaches.

Numerous valid and financial repercussion of data breach incident are becoming increasingly significant. Often the legislators note that most occurrences could possibly be avoided in the event that an business took your time and effort and utilized technology to prevent corporate files from visceral hacked. To rouse companies to use enlightened security technologies, the extra feign poses more rigorous reporting requirements, as with ease as later answerability to secure data, along subsequently sizable fines. Also, companies effective in Europe must version in several languages depending upon the location of the regulator.

Companies should plus ensure acceptable rights under the promise to request these measures, and in addition to the right to make vendors blamed for accurate reporting and installation of newest security software. Companies compulsion to update all their chronicles and make sure new intentionally prepared documents and databases are assembled in a clear exaggeration ready for inspection.

GDPR suggestion tutelage requirements bring significant responsibility and increased penalties for companies that allow breaches of throbbing data. At the similar time, the further legislation brings supplementary opportunities for businesses that hold companies in their bid to avoid these problems. The responsibilities now count up the requirement to intentionally examine vendors contracts, consequently guidance will be required, especially like companies must bank account security breaches without delay.

Businesses must review key in force processes, from data collection, storage, and transmission during every step of thing operations. All of the manipulations gone data must be comprehensibly listed in the company’s policies and manuals.

The further legislation afterward specifies two instruction safety requirements. To start with, files breach has to be reported depending on several standards to a specific facts protection modifiable approved as quickly as 72 hours or sooner after the discovery of the data breach. If the postpone took longer, the company must accustom the reasons for the delay.

According to the additional law, the company must inform anybody whose personal data have been affected through the actual unpleasant incident with the infringement really should be communicated without call a halt to to the person whose data has been breached. The deserted exception to this requirement is encryption of personal details that were stolen or then again affected. For example, if a worker floating a computer containing 500, 000 personal chronicles in its memory, the company must notify every individual in often the best virtual data room data bank that will their own files have already been afflicted.

The company now must incorporate measures of assistance security breach notification. These attach to the lead breach detection and unexpected reaction measures, as skillfully as plenty insurance in place. Data sponsorship proprietor should be the first person answerable for such measures.

This sort of strict system put a substantial pressure on the enterprises. Like if an people cellular phone has been cloned or aimless during holidays, after that he or she cannot bank account the loss until they reward to work. As a result, such files breaches remain unreported intended for longer when compared with 72 hrs which after that implies that the corporation is likely to receive penalties for the delay.

At the the same time, the extra GDPR legislation helps to ensure profound results for records breach affected individuals to succeed privacy law suits. If a company unsuccessful to report a breach and concurrence subsequently the repercussion in a professional way, after that typically the penalties and also financial cutbacks will be unquestionably tough. Additional obligations impinge on the answerability for data breaches to organizations. Lets acknowledge for instance the occasion similar to a computer has been stolen or drifting or even hacked. Under the additional law, it will be the company that will be blamed for any upshot in the data loss, definitely not typically the users who had been affected and perhaps became transmitters of typically the damaged data.

Statements of agreement should now become share of regular business reporting. All company’s personnel should be informed about these changes and periodic consent checks must possibly be conducted in order to bring out as well as therapy any kind of difficulties. Organizations need to be ready to aim extra challenges as they become accustomed to new data guidance rules taking into consideration they come into effect. .

詳しく読む

初鹿衆院議員が『子どもの生活底上げ法案』で講演会/保団連が4.19国会要請行動と同日に開催

2018年 4月 19日 : Featured, 協会ニュース

 

初鹿衆院議員が『子どもの生活底上げ法案』で講演会/保団連が4.19国会要請行動と同日に開催

保団連は本日4月19日、国会要請行動の開始前に、初鹿明博衆議院議員(立憲・比例東京)による講演会「『子ども の生活底上げ法案』提出者として法案提出の意義と国会での議論について」を開催した。

 

初鹿氏は、法案を提案した動機とその背景について「今、日本は子どもの6人に1人が貧困状態にある。このような深刻な状況を放ってはおけない」とし、さらに今国会で子どもの貧困の解決を目指す「子どもの生活底上げ法案」を自身の立憲民主党のほか、希望、民主、共産、自由、社民の5野党とともに共同提案していることを報告した。6野党とも、今年10 月から生活保護費が減額されるジョ右京の下で、貧困の連鎖を断ち切り貧困世帯の子どもの生活の安定が必要と考えている点で意見が一致しているとした。

◆生活保護の改善提案

さらに、日本の生活保護の問題点に言及し、日本の生活保護の捕捉率は非常に低いため、低所得の最下層の人々は憲法で定める「健康で文化的な最低限度の生活」以下の生活をしていると言ってもよい状況にあると指摘。このままその比較で基準引き下げを続けると、生活保護基準も憲法で定める「最低限度の生活」以下になってしまいかねないと、危機感を表明した。また、現行制度では生活保護世帯で子どもが高校を卒業すると、世帯分離しなければな らない現実にある点に触れ、「生活の実態は変わらないのに、世帯人数が変わったとみなされる。そのため、支給される生活保護費が減ってしまう」とし、これが原因で「生活保護世帯の子どもたちは大学進学をあきらめることが多い」と報告した。そして、6野党共同提案となっている底上げ法案の特徴として、①高校卒業後も世帯分離を不要とし、世帯を単位とする保護を受けながら大学・専門学校等に通えるようにする、②現在、高校卒業までとされている児童扶養手当の支給対象を20歳までに拡大する、③支給額を月1万円増額する、④家計管理支援のため、現行の年3回の支給を改め、毎月行うようにする―などを紹介した。

詳しく読む

2018年新点数説明会「決議」

2018年 4月 19日 : Featured, 協会ニュース, 理事会声明

会場壇上から参加者を外観

2018年新点数説明会「決議」

2018年度歯科診療報酬の改定率は、わずか0.69%のプラスとなった。身を削る思いで経営を維持している歯科医療機関の状況を改善するには、程遠い改定率である。

改定では初診料・再診料に院内感染防止対策の施設基準が設けられた。歯科ではこれまでもできうる限りの対応を取ってきている。にもかかわらず届出しないと減算される仕組みの導入は問題だ。本来、初診料・再診料は縛りが無く算定されるべきで、懲罰的な減算を行うべきではない。そもそも院内感染防止対策の費用は別立てで行うべきであると協会は以前から厚労省に要請してきた。

歯科衛生士の雇用や委託技工料問題も深刻な状況が続いている。十分な費用を保障せず、歯科医院の経営努力のみに責任を押しつけるやり方には問題があり、改善を求める。

財務省は「75歳以上の患者窓口負担の原則2割化」を推し進めるなど、更なる改悪を進めようとしている。貧困層の拡大が問題視されている中での負担増は、受診抑制に繋がり、更なる疾病の重症化を招く。

私たちは、診療報酬の引き上げとともに、患者さんが安心して受診できるよう、新たな患者負担増は行わず、患者窓口負担軽減を求めるものである。

 

 

                           記

 

 

一、初診料・再診料に包括した院内感染防止対策費用は実施するのに必要な額とし、別途評価すること。

 

一、医療機関の格差拡大・選別に繋がる施設基準は見直すこと。

 

一、歯科技工士、歯科衛生士の評価を抜本的に高め、診療報酬として評価すること

 

一、75歳以上の窓口負担2割化を始めとする新たな患者負担増の計画は中止し、

患者窓口負担を軽減すること

 

一、社会保障費の削減は止め、医療・介護・福祉等を重視した政策に転換すること。

 

 

2018年3月 

東京歯科保険医協会 新点数説明会

参加者一同

詳しく読む

歯科診療所の選別と患者の選別が同時に遂行されていく/保団連の宇佐美副会長が問題点浮き彫りにする

2018年 4月 19日 : Featured, 協会ニュース

 

 

歯科診療所の選別と患者の選別が同時に遂行されていく/保団連の宇佐美副会長が問題点浮き彫りにする

保団連は4月19日、衆議院第2議員会館内で「改めて診療報酬改定の改善を求める国会内集会」を開催した。全国から150名余の会員が参加し、協会からは坪田有史会長と橋本健一理事,

事務局が参加した。

まず、保団連の武村義人副会長が以下の立場から今次改定の問題点として、かかりつけ医機能強化、入院から在宅への診療シフト、オンライン診療保険導入などをあげ、その改善を強く求めた。次に、歯科について宇佐美宏副会長(歯科代表)が説明し、初・再診料への院内感染防止対策の施設基準の導入、かかりつけ歯科医機能型歯科診療所要件などが大きな変更点だが、今後に向けさらに懸念される問題点を内包しているおり、改善が必要と強調した。

保団連の宇佐美宏副会長(歯科代表)

さらに宇佐美副会長は、現状について」歯科の公的医療費に占めるシェアは、1980年代以降は約40年間右肩下がりで減少し続け、直近では7%程度長年、低医療費政策で歯科診療をしてきたことは事実。当然ながら、歯科医院の経営は厳しい状況」と指摘した。そして、今次改定のポイントとして、①院内感染防止対策を理由に歯科外来にのみ、基本診療料の減算制度が持ち込まれ、新たな施設基準が設定、②かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(か強診)などの新たな算定要件を追加見直し―の2点を挙げ、算定のために揃える機器購入・費用を自院に支出させる方法をするのでなく、その対応が可能になる基本的な診療報酬アップがあって、次の対応に進むのが合理的な判断ではないかと訴えた。か強診については、地域包括ケアへの対応として在宅医療の推進を掲げることへは理解を示しつつ、「か強診 、非か強診と、明確に診療行為が同じでも点数に相違をもたらし、一物二価を持ち込んだ。これは、診療所間での格差をつけたことで、結果からすれば、これは、歯科診療所の選別と患者の選別が同時に遂行されていくことになりる」とし、大きな問題点を浮き彫りにした。

詳しく読む

2018年 春の共済募集キャンペーン 始まりました!

2018年 4月 4日 : facebook, Featured, 共済部, 協会ニュース

2018年 春の共済募集キャンペーン

募集期間:4月1日(日)~5月25日(金)

今年も春の共済募集キャンペーンが始まりました。

「グループ生命保険」「保険医休業保障共済保険」「保険医年金」は、歯科医師の生活を守るためにつくられた共済制度であり、多くの先生から支持をいただいております。

この機会にぜひご検討下さい!

安心をお届けして35年 会員加入者数NO.1!グループ生命保険

 万が一の時、家族の安心のために、手頃な掛金でしっかり保障!最大4000万円まで備えられます。剰余金は配当としてお返ししています。(昨年度実績 保険料の約64%)

医業にあった保障の形 保険医休業保障共済保険

今年の申込み機会は、春の共済募集キャンペーンのみです!

傷病での休業の際に手厚い保障!最長730日の長期保障です。入院はもちろん、自宅療養でも、代診をおいても給付が受けられます。再発や後遺症にも何度でも給付可能。掛金は加入時のまま上がらず、掛け捨てではありません。

日本有数の私的年金 保険医年金

将来に備えてしっかり貯蓄!1.259%の利率でしっかり積立ができます。受託生命保険会社の運用実績に応じて配当がつくこともあります。(昨年度実績+0.102%)中途脱退や一部解約、掛金払込中断が可能で、使いやすい保険です。

*共済制度への加入や説明を希望される場合は、協会にご連絡いただくか、下記リンクからメールで送信して下さい。メールをいただいた場合は、担当者よりご連絡させていただきます。この機会に会員だけが加入できる共済制度をご検討ください。

グループ生命保険 加入者特典

チラシのダウンロードはこちらからどうぞ

 

詳しく読む