「保険で安心してきちんとした診療ができるようにしよう」

2016年診療報酬改定対策 グループ生命保険 加入者特典 デンタルブック

広域化でどうなる!?国保制度と国保料

広域化でどうなる!?国保制度と国保料

東京保険医協会 国保問題研究会

東京保険医協会(鶴田幸男会長)は、12月19日(火)午後8時から9時45分まで、来年4月からの国民健康保険制度の都道府県化に関し、そのj問題点などの説明や報告、さらにそれをもとに議論するために下記研究会を開催します。当協会会員であれば、どなたでも参加できます。ご希望の会員は、以下に直接ご連絡、お申込み下さい。お申し込み、お問い合わせ、お申し込みは、東京保険医協会(TEL:03―5339―3601)へ直接ご連絡ください。

◆テーマ 広域化でどうなる!?国保制度と国保料

◆日 時 12月19日(火)午後8時~9時45分

◆講 師 寺川慎二氏/東京社会保障推進協議会事務局長

 ※特別報告 和泉なおみ氏/東京都議会議員、東京都国保運営協議会委員

◆場 所 東京保険医協会セミナールーム

       住所 新宿区西新宿3-2-7 KDXビル 4F

◆内 容 2018年4月から国保制度は広域化・都道府県化される。東京都では、国保運営協議会が開催され、広域化に向けた具体的な論議が始まっている。値上がりを続ける国保料は、国保加入者の生活を直撃し、滞納や差し押さえが後を絶ない。広域化によって、国保制度と保険料はどう変わるのか。誰もが安心して支払える保険料への展望はあるのか。

☆お申し込み先 東京保険医協会(TEL:03―5339―3601)